神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

半導体レーザー

半導体レーザー

最先端技術を用いた半導体レーザーの導入により、痛みのない、動物に優しい治療が可能になりました。

疼痛緩和と創傷治癒

半導体レーザーは、血行や細胞の活性化を促し、動物の捻挫、皮膚炎、裂傷に対して、疼痛の緩和、消炎、創傷治癒促進に非常に効果的です。特に神経の病気の治療において効果を示します。
半導体レーザーによる治療は、動物に対して治療に伴う大きな苦痛を与えず、副作用がないという点も高く評価されています。
疼痛緩和と創傷治癒

シール切断

「半導体レーザー」導入により体内に糸を残さない、短時間の動物に優しい手術が可能になりました。

半導体レーザーを使った手術のメリット

多くの手術は、糸を使用して血管を結び、そして切断するという行為の繰り返しが必要になります。よって、問題となるのが『縫合による麻酔時間の延長』と『縫合糸反応性肉芽腫(糸アレルギー)』です。

当院では、血管を糸で結紮する(縛る)のではなく、レーザーを利用して血管をシール(密封)することのできる半導体レーザーを使用することにより縫合する時間をなくし、手術時間を大幅に短縮することが可能になりました。
その結果、全身麻酔の時間が短くなり、動物達の負担が軽くなります。
このことは、特に麻酔のリスクが高い高齢の動物や重症の動物にとって何よりのメリットと考えられています。

また、近年『縫合糸反応性肉芽腫』という病気がワンちゃんで増えてきています。この病気は、手術が終わって数ヶ月後から数年後に、手術部位の近くが腫れてきたり、おなかの中にしこり(肉芽腫)ができたり、あるいは皮膚の様々な場所にしこりができ、そこに穴が開いて膿が出たりする病気です。これらは体の中に残った糸に、体が過剰な異物反応を起こすことで起こると考えられています。このような症状が出たら、手術で肉芽腫と残った糸を摘出しなければなりません。また、摘出が不可能なほど癒着している場合はステロイドや免疫抑制剤を飲ませてコントロールしていきます。ほとんどの場合一生の投薬となります。どの子が発症するかわかりませんから、体に縫合糸をなるべく残さない事が唯一の予防策となります。

当院では半導体レーザーを用いて安全・確実な血管閉鎖を行い、縫合糸を使用しない、もしくは縫合糸の使用を極めて少なくした手術を実施することが可能となりました。

腫瘍の蒸散

体表のイボを無麻酔や局所麻酔で摘出することが可能になりました。
摘出部位や蒸散部位は出血もなく縫合糸も必要ありません。
動物への負担を軽くすませることができます。
腫瘍の蒸散

歯周病治療

3歳以上の動物の約80%が歯周病です。
歯石除去後、レーザーを歯周ポケットへ照射することにより、歯周病菌の殺菌と処置後の歯肉の引き締め効果が得られます。

ICGを用いた治療

ICG(インドシアニングリーン)という色素が、レーザー光を良く吸収することを利用した治療法です。ICGを患部に注入したり、塗布した後、レーザーをあてます。
ICGを注入した部分にレーザー光(熱)を集中させることで、周囲の正常な組織のダメージを減らします。

レーザーサーミア

レーザーファイバー先端を腫瘍内に差込み、レーザーを照射します。
レーザーを照射することにより腫瘍内の温度が上昇します。
腫瘍細胞は42度から生存率が下がりますが、正常細胞は43度から生存率が下がってきます。この差を利用した治療です。死んだ細胞は生体内の食細胞の食作用で体内に吸収され消滅します。

マイルドレーザーサーミア

出力調整したレーザー光を外部から拡散照射します。
これにより、組織侵襲を最小にしながら温熱治療が可能になりました。
この他にも以下のメリットが報告され応用しています。

  • 腫瘍周囲の血管を拡散させて、抗がん剤の腫瘍内の取り込みを強める
  • 腫瘍に栄養を送る血管が新たにつくられることを抑制する
  • 体の免疫力を高める

レーザーアブレーション

レーザーファイバー先端を腫瘍内に差込み、レーザーを照射し腫瘍を内側から蒸散します。

緑内障

緑内障とは、眼の中にある眼房水が溜まりすぎて眼圧が上昇して、痛みや失明を起こす病気です。
初期であればレーザーを強膜上から照射し毛様体に照射することによって、 房水の産生抑制と排泄促進が行われ、緑内障の治療になります。

逆まつ毛治療

逆さまつげは生えてくるたび繰り返しの処置が必要になる事がありますが、レーザーで毛根部を組織破壊することで半永久的に脱毛ができます。

耳道内腫瘤摘出

ビデオオトスコープの鉗子チャンネルから半導体レーザーを挿入して腫瘤を蒸散し除去することが可能です。腫瘤を除去したのち、耳道内を清浄化して治癒につなげます。外科手術のように外観を変えることもなく耳道を温存して治療を終えることが可能です。

ペット保険に対応しています。

オアシス便り

オアシス写真集

anicom アニコム損保
ページのトップへ