神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

橈尺骨骨折(前肢の骨折)

橈尺骨骨折(前肢の骨折)

橈尺骨骨折(前肢の骨折)

近年、トイ犬種(トイプードル、チワワなど)の橈尺骨骨折(前肢の骨折)の発生件数が増加しています。ソファーから飛び降りたり、ちょっとした高さから落下するだけで骨は簡単に折れてしまいます。ギプスなど外固定のみで治療すると癒合不全に陥ることがあり、多くの症例では整復手術が必要になります。
トイ犬種は体重が1〜4kg程と小さく骨の厚みも2-3mmしかないため骨折の整復には特殊な器具と難易度の高い繊細な手技が必要です。
当院では症例に応じてプレート法(LCP、チタンプレートなどを使用)、髄内ピン法、創外固定法などを選択・応用し治療を行っています。
お気軽にご相談ください。

@当院治療例【プレート法:チタン製ロッキングプレート使用】

Before(橈尺骨が骨折しています)

Before(橈尺骨が骨折しています)

After(チタン製ロッキングプレートで整復しました)

After(チタン製ロッキングプレートで整復しました)

A当院治療例【プレート法:チタン製ロッキングプレート使用】

Before(橈尺骨が骨折しています)

Before(橈尺骨が骨折しています)

After(チタンプレートで整復しました)

After(チタンプレートで整復しました)

B当院治療例【プレート法・チタン製ロッキングプレート使用・ダブルプレート】

After(チタンプレートで整復しました)

After(チタンプレートで整復しました)

C当院治療例【プレート法・両前肢骨折・チタン製プレート使用】

After(骨癒合が認められ、一部抜釘を行いました)

After(骨癒合が認められ、一部抜釘を行いました)

D当院治療例【髄内ピン法:癒合不全症例】

Before(他院さまにてピンニング法を用いた手術が行われましたが、手術後2か月経過しても肢に負重せず骨癒合が認めらませんでした。当院にご紹介頂き再手術を行いました。)

Before(他院さまにてピンニング法を用いた手術が行われましたが、手術後2か月経過しても肢に負重せず骨癒合が認めらませんでした。当院にご紹介頂き再手術を行いました。)

After(チタンプレートで整復しました:ダブルプレート)

After(チタンプレートで整復しました:ダブルプレート)

After(骨癒合が認められました)

After(骨癒合が認められました)

E当院治療例【髄内ピン法】

Before(橈尺骨が折れています。この後髄内ピン+外固定で整復しました。)

Before
(橈尺骨が折れています。この後髄内ピン+外固定で整復しました。)

After(骨が癒合しています)

After(骨が癒合しています)

F当院治療例【髄内ピン法】

Before(橈尺骨が折れています)

Before(橈尺骨が折れています)

After(骨が癒合しました)

After(骨が癒合しました)

G当院治療例【髄内ピン法+外固定】

Before(橈尺骨が骨折しており、ピンニング+外固定で整復しています)

Before(橈尺骨が骨折しており、ピンニング+外固定で整復しています)

After(骨が整復されました)

After(骨が整復されました)

H当院治療例【LCPプレート法】

Before(橈尺骨が折れています)

Before(橈尺骨が折れています)

After(骨が癒合しました)

After(骨が癒合しました)

I当院治療例【LCPプレート法】

Before(橈尺骨が骨折しています)

Before(橈尺骨が骨折しています)

After(骨が癒合しました)

After(骨が癒合しました)

J当院治療例【LCPプレート法】

Before(橈尺骨が骨折しています)

Before(橈尺骨が骨折しています)

After1(LCPプレートで整復しました)

After1(LCPプレートで整復しました)

After2(スクリューを3本抜釘しました)

After2(スクリューを3本抜釘しました)

After3(スクリュー、LCPプレートを抜釘しました)

After3(スクリュー、LCPプレートを抜釘しました)

ペット保険に対応しています。

オアシス便り

オアシス写真集

anicom アニコム損保
ページのトップへ